HELIKUTU KOBO

へりくつ工房はカードゲームを作ったり、 そうでもないものを作ったりしています

カテゴリー別アーカイブ: 雑記

本当にどうでもいいことを日ごと日ごとに書き残しています。読んでもどうってことは無いかもしれませんが、カードゲームを製作するにあたっての日々の悩みや楽しみが書かれているかもしれません。へりくつ工房に興味を持たれた方はどうぞ!

110 / 114« 先頭...102030...108109110111112...最後 »

カードゲーム妄想中

どうもー月曜日はローテンションな天空 薙ですー
Kordy達がたこ焼きパーティーをやって間に土日に友達からもらったアイディアとかをマック(マクド?)でコーヒー飲みながらまとめてました

いやーいいですねマクド(笑)

  • 邪魔がほぼ入らない(ケータイもめったに見ないので)
  • 綺麗である(部屋は汚い)
  • テーブルが広い(部屋のテーブルはパソコンと本でイッパイイッパイ)
  • 食べ物、飲み物の調達が安易である(しかも安価である)

などと良い点が多くあります!
普通に喫茶店でもいいですけど、安いので!(笑)

昨日はらくたんとは別のゲームのルールやカードタイプをなんとか考えてました(笑
あとは、他2つのコンセプトを考えたり…

昨日考えてたゲームのコンセプト?というか、自分のなかのイメージはダンジョンハック+水道管ゲームといった感じです。

各プレイヤーは手札にある道カードをつなげながらダンジョンを掘り進め、ダンジョンにある宝を持ち帰る!
そんな感じにしていきたいと思います(笑

いつ完成するかはらくたん次第ですが、できたらこれ持って秋のゲームマーケットに参加したいなーとか思ってます。

詳しくはもう少しちゃんと形になったらやりたいと思いますーノシ

HLKT工房の日曜日

こんにちは。kordyです。今日は天空さんがお休みなので普通の日記になります。

今日は、ねこ電球さんと、大学サークルの何人かでたこ焼きパーティしました。たこ焼きパーティなんてやったの初めてだったんですが、大阪人と月1たこ焼きパーティ人がいたので、すぐ食べることができました。

塩マヨネーズとか、あげたまネギぶっかけとか、うまかったです。一人で30個ぐらい食べてお腹いっぱいです・・・。

今度は天空さんも一緒にたこ焼きパーティでも。

IMG_0840

たこ焼きの話で今日は終わり―です。

ルール変更中・・・

こんばんわ!天空 薙です。

最近、Kordyさんがドミニオンパンツ作ったり、ねこ電球さんが謎のカードを作ったりしていて、
俺はずっと怖っ!とかしか言ってなかったので、「らくたん for Engineer」の進捗に関してちょこちょこっとブログに起こしておきますw

6月入る前まではあとイラストだけーKordy早くーなんて煽っていたのですが、
6月の頭に現在所属している大学のサークルのOBとテストプレイをしたところ、いろいろ意見が聞けて、もっと面白くできそうだということに気がついたので、
ルールを変更しています。

一度綺麗にバランスを取ったものを崩すって結構勇気いりますね(汗

まぁデータとしては残してあるので、そこまで慎重になることではないんですけどねー(汗

また、テストプレイを何回もやるのは結構心にきます(汗
ただ、テストプレイで飽きるってことはそれだけ何回もできないゲームだということだから、もっと工夫が必要なんだろうなーと思う今日このごろです(苦笑

困った!書く事がない!!

どうも、主に平日中心にブログ書いている天空 薙です(笑

毎日更新するにはコンテンツが少ないんですよねー(汗

おすすめゲームのネタは結構あるんで、それでつないでもいいけど、
毎日ゲームおすすめしてもなーって気持ちになるので、
もっといろいろブログでコンテンツがあるといいなーとか思ってますw

ちょっと複雑なゲームとか作ると、それの考察とかしてると楽しんですけどね
複雑なゲーム作るにはもう少しお待ちください←

頭の中には作りたいゲームいっぱいあるんですけどねー
シュミレーションRPGをアナログゲームで対戦でやったり
ってかそれウォーゲームだよねって感じのやつとか(笑

あとは、TRPGのシステム作ったりもしたいですし(笑
じ、時間が足りない(汗

やりたいことが多すぎて困るわー(笑

困った、タイトルが思いつかない

いやー暑くなってきましたねー
こう暑いと作業とか、ブログの作成とかおっくうになりますね・・・
だねー
そういえば、こんなもん作ってみたんだけど・・・

Webよう

え?
こ、これはどういったものなんですか・・・?
これは、SWBD-DAMSLと隣接ペアというコミュニケーションなどの分野で使われている理論を可視化したカードだよ!
遊び方は・・・?
別に考えてないから、面白そうな遊び方考えてよ!
あ、はい(汗
(ねこさんこわっ)o 。
。o(なんか、やることが増えてる・・・だと!?)

ということで、ねこ電球さんは時々わけのわからないものを作ったりします。
HLKT工房の二人はいつも振り回されてます。

天空 薙のおすすめゲーム その2 「ドミニオン」

というわけで、天空 薙のおすすめゲーム 今日は「ドミニオン」を紹介したいと思います~
ドミニオンということで、今日はKordyさんもゲストできてもらってます~
えっ、僕は東方ドミニオンしか知らないんだけど・・・
東方ドミニオンは大体ドミニオンとカードの効果一緒じゃないですか―あんまり変わりませんよー(棒読

本当は今日別のゲームを紹介する予定でしたが、
Kordyがドミニオンパンツを作ったので、話のネタに、「ドミニオン」を紹介しようと思います。

続きを読む

撮影用の小物を調達しました

どうも、ねこ電球です。

ブログ書くならやっぱり写真にはこだわらないと!

というわけで、写真のクオリティを上げるべく、100円ショップまで小物を調達に行ってきました。

カッターマット、クラフト紙のスプリングメモブック、クラフト紙の付箋をどれも100円で購入。被写体にすることを考えながら100円ショップをぶらつくのはワクワクしますね。

で、早速撮影してみました。

BMqSudNCAAE1ASr.jpg-large

やっぱり緑のマットを下に引くだけで、カードって物凄く映えますね。

本当は高級感のあるプレイングマットでも敷ければ最高なんですが、写真の引き立て役としてはカッターマットでも十分です。

後ろにはメモと付箋を控えめな賑やかし程度に置いてあります。

いいですね、クラフト紙って。なんかこう、素朴なものを作ってるんですよ、みたいな雰囲気が出ます。

そして木目、これも良い味を出しているではありませんか。ただ木目を背景にしたいという理由だけで、わざわざ家の机で撮影したかいがあったというものです。

ちょっと悩みどころなのが、これら小物の置きどころ。撮影の手軽さを考えると大学の研究室に置いておくのが一番楽なんですけどね。家にカードを持って帰るのは結構面倒です。でも木目…

まあ、何はともあれ、良いお買い物ができたのではないでしょうか。

良い選択をした日は気分がいいです。

また月曜日ですってよ!

どうも、月曜日はいつもローテンションな天空 薙です

月曜日から平日だからローテンションというわけではなくて、
土日遊びすぎて体力がからっけつになっているからローテンションなんです(苦笑)

土曜日は所属しているアナログゲームサークルで一日中ゲームしていますし、
日曜日は大体バイトなので、休んでいる暇がありません(笑)

好きでやってるので、文句が言えないんですけどねw

今週は金曜日からOBのかたがわざわざ時空のねじれ(静岡)を飛び越えて来てくださったので、
いろいろおはなしさせてもらって為になりました。
あと、らくたん for Engineerのテストプレイにも手伝ってもらって、かなり助かりました。
ってか、いろいろご指摘くださってありがとうございます。

これからルールの変更とか起こりそう(汗

天空 薙のおすすめゲーム 番外編

こんにちは!天空 薙です。
今回はおすすめゲームのその2!・・・ではなく番外編です。

なぜかというとあるゲームを紹介するのではなく、ゲームのジャンルを紹介しようと思うからです。

そのジャンルとは「TRPG」

といっても、自分はTRPGについてまだまだひよっこなので、
実際にプレイした回数も全然ですし(50回とか行ってない)
ゲームマスターという役割も10回やったかやらないか
システムも10システムくらいで、TRPGに関してはだいぶ浅く広くやってます。

諸先輩方を差し置いて語るのも恐縮なのですが、
ブログに書くネタもあまりないので、ここは一つ多めに見てやってください(笑)

ということで、「TRPG」とはなにか?
TRPGとはテーブルトークロールプレイングゲームの略で、
1974年にアメリカで発売された「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が元祖であるアナログゲームです。

ひどく誤解のある言い方をすると、
「ルールのあるゴッコ遊び」です。
自分がTRPGを形容する時にはこの表現を使います。

また、テレビゲームが世間に浸透した昨今では、
テレビゲームのPRG[1] というジャンルがあるので
あれをテーブルの上でやるというイメージを持ってくれるとわかりやすいかもしれません。
テレビゲームもテーブルの上でできるのですが、そういうツッコミは無しの方向で・・・

まぁ、そもそもひとりでもTRPGがしたい!というところからコンピュータゲームとしてのRPGは産声をあげたのですが(笑)

このTRPGでは
テレビゲームではコンピュータが自動でやってくれる戦闘の処理[2] やNPC[3] のセリフ[4] をゲームマスターと呼ばれる進行役が処理をします。

天空 薙と同じ世代なら、漫画「遊戯王」でバクラ[5] が登場して、主人公の遊戯と対決したゲーム[6] です。

このTRPGですが、とても奥が深く、業が深いです。
コンピュータゲームの比ではないくらいに自由度が高いです。
そして、ほとんどが参加者の脳内で処理されるので、ひどいこと[7] になります。
もちろん、変な行動[8] を重ねすぎるとゲームとして崩壊することも多々あります。
TRPGにはゲームマスターVSプレイヤーという側面がありますが、それ以上にゲームマスターとプレイヤーが共に物語を作っていくという意識が根底にあり、とても素敵なゲームジャンルだと思います。

このTRPGですが、ゲームジャンルなので、細かいゲームに分けるといろいろあります。
これらの違いは、ファイナルファンタジーとポケットモンスターが違うようにいろいろ違いがあります。
細かいゲーム(システムと読んだりしますが)は今後、おすすめゲームのネタにしていきたいと思います。(笑)

TRPGの利点は大勢の人数(3~6人程度が一般的)でわいわい遊べること、そして、時間をたっぷり使ってゲームマスターが用意した世界を堪能できることでしょうか。
逆に欠点としては人数がいないと遊べないこと、時間がかかること、体力の消耗が激しいことでしょうか(笑)

もし、この記事を見てTRPGに興味を持っていただけたら、おそらく近くでTRPGコンベンションなるものが開催されているはずです。
これはTRPGをやるために個人(法人の場合も微レ存)が仲間を募って定期的に行ってたりします。

地元愛知県豊橋市では

などが定期的にコンベンションを行ってます!
機会がありましたら是非、TRPGという世界に浸ってみたください!

天空 薙のおすすめゲームでしたーノシ

注釈

  1. ファイナルファンタジーとかドランゴクエストとかポケットモンスターとか
  2. ダメージの計算とか攻撃のあたり判定とか
  3. ノンプレイヤーキャラクター、操作できないキャラクター
  4. 「HLKT村にようこそ!」というよく村の前にいる住所不定無職の男性とか
  5. アニメ版ではポケットモンスターのサトシと声優が同じ人…特徴がほかに説明できないOTZ
  6. あれはとてもダンジョンズ&ドラゴンズに似ている
  7. 謎の力で空を飛ぶエンタープライズ級空母から像に乗った兵士が射出する攻撃をする正義の味方など、ちなみにこのキャラクターを作った人はめちゃくちゃTRPGがうまいです
  8. 物語の中心人物にあるに関わらず、一言または二言目には「デュエルしようぜ!」というカード狂いを演じたらひどいことになった

東方祀爭録版のドミニオンパンツ、近日公開!

こんにちは。kordyです。

先日、「ドミニオンパンツ作った(ドヤァ」とか言ってましたが、作っただけだったので公開したいなーと思っておりました。
そこで、だめもとで東方祀爭録もとい、ドミニオン日本語版の発売元、ホビージャパン様に伺ったところ・・・・

快く許可して頂きました!ホビージャパン様、本当にありがとうございます。今後とも月刊ホビージャパンや、東方祀爭録など、応援していければと思っております。

続きを読む

110 / 114« 先頭...102030...108109110111112...最後 »