HELIKUTU KOBO

へりくつ工房はカードゲームを作ったり、 そうでもないものを作ったりしています

書簡召喚 ポスタルサモン!

文字をつむぎ…
ソレを呼び出せ

名称未設定 2

発表 2014.11.16
プレイ人数 2人から
プレイ時間 10分程度
推奨年齢 10+

用意するもの

記入済みポストカード プレイ人数分

ゲームの準備

記入したポストカードを用意します。
HP,攻撃力の計算を行っていない場合はゲーム開始前に行ってください。

初期HPの計算方法

宛先郵便番号の下4桁の総和になります

初期HPの計算例

宛先郵便番号が〒123-4567だった場合
初期HP=4+5+6+7=22となります。

初期攻撃力の計算方法

宛先郵便番号の上3桁の総和になります

初期攻撃力の計算例

宛先郵便番号が〒123-4567だった場合
初期攻撃力=1+2+3=6となります

ゲームの流れ

ポストカードの選択

全員が納得する方法で自分の使用するポストカードを選択します。
自分の書いたものでも、自分に宛てられたものでもかまいません。

スタートプレイヤーの決定

以下の優先順位でスタートプレイヤーを決定する。

  1. 速達印が押されているポストカードを持つプレイヤー
  2. 消印の日付が一番新しいポストカードを持つプレイヤー
  3. 最近ポストに投函したプレイヤー

スタートプレイヤー決定例1

ゲームに参加するポストカードで一枚だけ速達印が押されていた。
その速達印が押されているポストカードを持つプレイヤーがスタートプレイヤーになる

スタートプレイヤー決定例2

げーむに参加するポストカードすべてに速達印が押されていなく、
消印の日付が一番新しいポストカードが二つあった場合、
そのポストカードを持つ二人のうち、最近ポストに投函したプレイヤーがスタートプレイヤーとなる。

ターンプレイヤーの行動

ターンプレイヤーははがきに書かれている能力一つをHPを増減させ発動させます

±0 対象のプレイヤーに攻撃力点のダメージを与える
+5 次のターン開始時まで受けるダメージを[宛先住所文字数+1]点軽減する(ダメージ毎計算)このはがきに宛先が書いていないと使えない
-5 各対戦相手に[攻撃力+宛名文字数]点のダメージを好きなように割り振る このはがきに本文と宛先が書いていないと使えない
-10 このゲーム中攻撃力を[本文行数]点上昇させる 切手に消印が押されている場合、[本文行数]点上昇 このはがきに本文と挿絵が書いていないと使えない

能力使用例1

+5の能力を使用した、
宛先の住所文字数は14文字だった。
相手プレイヤー1から14点のダメージを受けたので、軽減し0点となった。
相手プレイヤー2から16点のダメージを受けたので、軽減し1点受けた。
相手プレイヤー3から3点のダメージを受けたので、軽減し0となった。

能力使用例2

-10の能力を使用した。
本文行数が13行なので、攻撃力が13点上昇した

能力使用例3

-10の能力を使用した。
本文行数が13行なので、攻撃力が13点上昇した。
切手に消印が押してあるので、さらに13点上昇しました。
合計で26点上昇しました。

勝利条件

自分を除くほかのプレイヤーのHPが0する

敗北条件

自分のHPが0になる

1 件のコメント

コメントを残す