HELIKUTU KOBO

へりくつ工房はカードゲームを作ったり、 そうでもないものを作ったりしています

らくたん for Engineers

工学系単位取得型カードゲーム

Rakutan-onweb

発表 2013.8.12
ジャンル 工学系単位取得型カードゲーム
プレイ人数 3 – 5人
プレイ時間 30分程度

「らくたん for Engineers」ではプレイヤーは工学部の学生となり、努力・イベントをこなしながら単位を収集することを目的とします。プレイヤーはそれぞれ所属する学科を持ち、他のプレイヤーとの掛け引きの中で、より多くの単位を集めたプレイヤーが勝ちとなります。

セット内容

「らくたん for Engineers」では大きく分けて学科カード授業カード努力カードの3種類のカードを使います。

学科カード

5種5枚

ゲーム開始時に入学許可証として配られ、それぞれのプレイヤーの所属学科となるカードです。

授業カード

22種28枚

開講授業として場に並べられ、取得時に単位として扱われるカードです。

努力カード

山札や場札から引いて手札とし、単位の取得時に必要となるカードです。

基本努力カード

6種60枚

授業カードごとに決められている出席課題試験の数に応じて手札から出すことで、その授業カードの単位を取得することができます。

特殊努力カード

7種10枚

基本努力カードの代わりとなるカードです。複数の種類、枚数の努力カードの代わりになりますが、点数が低めに設定されているものがあります。

イベントカード

9種9枚

プレイヤーが手札に加えた瞬間に、プレイヤーや場に対して様々な効果を発揮するカードです。

ルール

準備

学科の決定

各プレイヤーに学科カードをランダムに一枚ずつ配ります。配られたら表向きに学科カードを自分の前に置きます。

授業デッキの作成

英語2枚と経済学、法学各1枚、各プレイヤーの選択必修と各プレイヤーの専門科目を1枚ずつをひとつの山にします。専門科目はそれぞれの課程で2枚ずつありますが、どちらでも構いません。

残った専門科目と再履修1枚と卒業研究3枚を別の山にし、わきに置きます。

努力デッキの作成

努力カードをすべて混ぜ、ひとつの山にします。そこから各プレイヤーに4枚ずつ配ります。この時、イベントカードがあった場合、引き直します。

場のカードの準備

努力デッキと授業デッキからそれぞれ場に4枚ずつ並べます。

スタートプレイヤーの決定

プレイヤーの中で、最近授業に出た人がスタートプレイヤーです。

プレイヤーの行動

スタートプレイヤーから、順番に手番を行います。手番中には以下の二つの行動から一つ行います。

手札の補充

場に出ている努力カードの中から1枚または、努力デッキの1番上のカードを手札に加えます。この時、イベントカードを手札に加えた場合、
即座にその効果を適用し、捨て山に行きます。場から引いた場合は、努力デッキの1番上のカードを場にオープンします。これを2回繰り返します。(1手番に2枚のカードを補充します)

単位の取得

場に出ている単位を一つ指定して取得します。この際、自分の前にある、自分が取得した授業と同名の授業は取得できません。

この際、他のプレイヤーに協力を要請してもいいですし、他のプレイヤーは協力を申し出てもよいです。協力は何人でも可能です。
任意のプレイヤーに関して協力を断ることも可能です。

単位を取得するプレイヤーから時計周りに,協力を申し出たプレイヤーはそれぞれ、一枚以上の努力カードを手札から場に伏せた状態で出します。それから、合図で同時に表にします。

場に出ているカードをあわせて、以下の条件を満たしていた場合、単位取得となります。

  • 授業カードに書かれている出席、課題、試験のコストを超えている
  • 努力カードに書かれている点数の合計が60を超えている

単位取得できた場合、授業カードを表向きで手番プレイヤーの前に置きます。また、協力したプレイヤーがいた場合、学科チップを取得した授業カードの上に置きます。

単位取得できなかった場合、授業カードを裏向きにして、手番プレイヤーの前に置きます。協力したプレイヤーのチップは置きません。

また、この際使用した努力カードは単位取得の可否にかかわらず、すべて捨て山に行きます。

前期終了

ゲーム開始から初めて、場にある努力カードが1枚未満になったとき、または授業カードがなくなった時、前期で用意したの追加授業デッキと場に出ている授業カードと授業デッキをシャッフルし、新しい授業デッキとします。そして、新しい授業デッキの上から4枚めくって、場に出します。

また、捨て場の努力カードと残っている場の努力カードをシャッフルし、こちらも新しい努力デッキとします。その後、努力デッキからも4枚めくって、場に出します。

後期終了(ゲームの終了)

ゲームの終了条件は以下の二つです。

  • 授業デッキが切れて、場に授業カードがなくなる。
  • 進級後、努力デッキが切れて、場に努力カードがなくなる。

特殊なカードについて

不正発覚(イベントカード)
このカードを獲得した人はカードを自分の前に置き、カードをさらに三枚補充して、そのターンを終了します。次のターンこのカードを捨て山に置くことで、ターンの終了とします。
再履修(授業カード)
このカードは、自分の目の前にある裏向きのカード(取得を失敗したカード)を取得したかのようにすることができます。このカード自体の単位数は0ですが、裏向きになったカードの単位数は得点として加算します。

勝敗

ボーナスは自分の取得した授業カードと自分の学科チップが乗っている授業カードで計算されます。
自分の前にある授業カードに書かれている単位数に以下のボーナスの合計が最も高いプレイヤーが勝者となります。

専門ボーナス

専門の単位に対するボーナスです。

所属学科の専門科目、一般必修の取得数によって以下のボーナスが加算されます。

一般必修
0 1 2
専門単位 0 0 0 0
1 0 +5 +10
2 +5 +10 +15

単位マニアボーナス

専門外の単位に対するボーナスです。
一般科目、所属学科以外の専門単位、所属学科外の一般必修を取得している場合 +5 のボーナスが加算されます。

おわりに

このゲーム名らくたんとは二つの意味を持つ単語です

  • 単位を楽に取得すること
  • 単位を落とすこと

委託情報

マスターズギルド様にて販売していただいています
商品URL:http://mguild.shop-pro.jp/?pid=77107004

2 件のコメント

コメントは停止中です。