HELIKUTU KOBO

へりくつ工房はカードゲームを作ったり、 そうでもないものを作ったりしています

天空 薙のおすすめゲーム その10 「BLUFF(ブラフ)」

こんばんわー

久しぶりにまともな天空 薙のおすすめゲームです!
今回のおすすめゲームは「BLUFF(ブラフ)」です。

130615_195959

このゲームは、
各プレイヤーが5個ずつダイスを持った状態で始めます。
このダイスは少し特殊で、6の目の代わりに☆が描かれてます。
全員プレイヤーはダイスをカップの中で振って自分だけみます。
そして、自分の番になったらこの場にあるダイスの目を予想して宣言します。

宣言の仕方は「○○の目が✖✖個ある」といった感じです。
この時、したのボードを使います
130615_200014
ここに自分の予想したダイスの目をうえにして、予想した個数の書かれているマスに置きます。
この時、☆の目はワイルドとして扱います。

次のプレイヤーはこの予想よりダイスの数が少ないと思ったら”ブラフ”と宣言し、全員のカップを公開
ダイスの数を数えます。
もしダイスの数が予想より少なかった場合、少なかった差分だけ”ブラフ”といったプレイヤーが
逆に多かったら、多かった差分だけ予想したプレイヤーがダイスを失います。
この時、予想と同じ数だった場合、予想したプレイヤー以外のすべてのプレイヤーが一つずつダイスを失います。
その後、ダイスが残っているプレイヤーで残っているダイスを振ります。
そして、予想が当たったプレイヤーからまた順番に予想していきます。

予想よりダイスが多く存在すると思った場合、予想しなおすことも可能です。
この時、現在予想されているダイスの目より大きい目なら同じ個数だと予想することが可能です。
または現在予想されている個数以上の個数を指定したうえで好きなダイスの目に変更することも可能です.
☆の数を予想するときは、☆のついたマスに置きます。
☆はワイルドなので、ほかの目より出る確率が少ないです。

予想し直した後、自分のダイスを一個以上公開、固定し残りを振りなおすことができます。

このゲームはシンプルながら、とても面白いです。
相手の予想から相手の手持ちのダイスを予想するのが基本ですが、
それを逆手にとって自分の一つも出ていないダイスの目を予想として出して、間違った方向に促したりします。

また、プレイヤーが多い序盤は如何にダイスを残すかが勝負ですが、
終盤は如何に相手の手を読めるかになってきます。

基本的にダイスを温存できた方の勝ちですけどね(笑

ダイスがあればできるのでもし気になったらやってみてください(笑

天空 薙のおすすめゲームでしたー

1 件のコメント

コメントを残す